活性酸素 予防 

MENU

毛穴がしずくのように縦にのびている「たるみ毛穴]

 

 

たるみ毛穴」は、ピーンと張ったお肌の部分よりも毛穴の周りがくぼんで、
ちょっとぼこぼこした感じがします。くぼんでいる部分は影ができるので黒ずんで見えてしまいます。
お肌があまりきれいに見えないし、年齢が上にみられてしまいがちになってしまうんですね。
また、たるみ毛穴は頬に多く、たるみ毛穴がつながってしまうとしわのように見えてしまいます。

たるみ毛穴はなぜ起こってしまうのか?

 

気にすればするほど、気になる毛穴。鏡を見るたびにため息をつきたくなりますよね。
一体なぜ起きてしまうの?と思いますよね。
それはお肌を支えているコラーゲンやエラスチンといった、
お肌の弾力をつくっている土台とも言うべき成分が減少しているからなのです。
10代や20代前半ではお肌がピーンと張っているので目立たない毛穴が、
年齢を重ねるうちにお肌のハリが失われることによって目立ってしまうのです。

 

お肌が乾燥したり老化していく原因は、加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少することもありますが、
紫外線や活性酸素が原因でもあります。
たるみ毛穴を防ぐには、コラーゲンを増やしたり、
活性酸素に負けない体を作ることが重要になります。

ビタミンを取る

 

「たるみ毛穴」は予防が基本です。
ビタミンC、ビタミンB、ビタミンE、
カロチンなどを積極的に食生活で取り入れるようにしましょう。
お肌のコラーゲンを作り出しているのは真皮層にある繊維芽細胞ですが、
この細胞を元気にしてあげるとコラーゲンの生成が促進されるようになります。

 

特にビタミンCはお肌のトラブルには欠かせないものですね。
またビタミンB1は炭水化物の代謝を助けてくれます
そしてビタミンB2は皮脂の分泌をコントロールしてくれる作用があります。
ビタミンB1は、ウナギ、豚肉、B2はレバー、焼きのりなどに多く含まれています。


活性酸素を除去する抗酸化物質

 

紫外線を浴びるとお肌に発生する活性酸素は、
お肌の細胞やコラーゲンを傷つけてしまいます。
その活性酸素を抗酸化物質が取り除いてくれます
ポリフェノールやカロテノイドなどの抗酸化物質は野菜に多く含まれているので、
野菜を多く摂取することで取り入れることができますね。
大豆イソフラボンもポリフェノールの一種ですね。
カテノイドを取るのなら、鮭がオススメです。
ハリやたるみの改善に効果的なんだそうですよ。
皮まで食べて美肌になりましょう!